大谷翔平、今季初の2戦連続無安打に本拠地沈黙 二盗も同点つながらず、エ軍2連敗

「1番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
「1番・DH」で先発したエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

4打数無安打で打率.206

■オリオールズ 5ー4 エンゼルス(日本時間24日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は23日(日本時間24日)、本拠地のオリオールズ戦に「1番・指名打者」で先発出場。4打数無安打2三振で今季初の2試合連続無安打に終わった。打率.206。チームは4-5で逆転負けを喫して2連敗。

 外角中心の配球を打ち崩せなかった。先発右腕ワトキンスと対した初回先頭は投ゴロに倒れ、2回1死一、二塁は三直併殺打。5回1死は空振り三振に倒れた。7回1死で四球を選んで2試合ぶり出塁。続くトラウトの打席で二盗を決め、今季3個目の盗塁をマークしたが、同点のホームは遠かった。9回1死は空振り三振だった。

 チームはトラウトが3号ソロ、4号ソロと1試合2発。マルチ本塁打は21度目で球団新記録となった。6回に2点を勝ち越したが、2点リードの7回に守備の乱れから逆転を許した。あと1点が遠かった。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY