「ハーフスイングの三塁打」“曲芸打ち”見せたトラウトが「早送りに見える」

三塁打を放ったエンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】
三塁打を放ったエンゼルスのマイク・トラウト【写真:Getty Images】

止めたバットに当たった打球は一塁線へ、激走で三塁を陥れた

■エンゼルス 3ー0 ガーディアンズ(日本時間26日・アナハイム)

 エンゼルスのマイク・トラウト外野手が25日(日本時間26日)の本拠地・ガーディアンズ戦で放った“曲芸三塁打”に注目が集まっている。止めたバットで一塁線を破った“珍打”と激走ぶりに「この全力疾走は見飽きないな」といったコメントが寄せられた。

 1点リードの6回先頭で打席に入ったトラウト。2020年サイ・ヤング賞投手ビーバーがカウント1-2から投じた外角スライダーに手を出そうとして止めたが、バットにボールが当たった。打球は一塁手のグラブの先を抜けて一塁線へ。打球が転々とする間に、トラウトは激走して三塁を陥れた。

 MLB公式ツイッターは「ボールは内野の土の部分に落ちたが、マイク・トラウトはそれを三塁打にした!」と記して動画を投稿。ファンは「早送りの映像に見える。なんてやつだ」「マイク・トラウトは業界最高の人でも全力を尽くさないといけないことを教えてくれる」「トラウトにしかできない! なんてビーストだ!」「非現実的!」「トラウト足速すぎるんよw」などとコメント。スーパースターが見せた脚力に驚き、歓喜の声を寄せている。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY