大谷翔平、4打数1安打1得点でエ軍3連勝に貢献 打率.213、28日に先発マウンドへ

第3打席で中前打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
第3打席で中前打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

登板前日で休養の可能性も…2試合ぶり安打を記録

■エンゼルス 4ー1 ガーディアンズ(日本時間27日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地・ガーディアンズ戦に「2番・指名打者」で先発出場。5回の第3打席で中前打を放ち、2試合ぶり安打をマークした。4打数1安打1得点で打率.213。チームは4-1で3連勝を飾った。

 痛烈なライナーが中前で弾んだ。3点リードの5回2死。右腕マッケンジーの真ん中フォーシームを打ち返した。打球速度105マイル(約169キロ)。2試合ぶりの安打となった。続くトラウトの4球目で二塁へスタート。左翼線二塁打の間に一気に4点目のホームを踏んだ。初回は二ゴロ、3回は空振り三振、8回は一ゴロだった。

 前夜、マドン監督はこの日を休養とする可能性を示唆していた。「彼とは話をした。いろいろとうまくこなしていくための時間を与えている」。9試合41打席ノーアーチとなったが、チームの勝利に貢献した。27日(同28日)の本拠地・ガーディアンズ戦では今季2勝目をかけて先発マウンドに上がる。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY