大谷翔平、2勝目&今季初3安打 リアル二刀流で5回4K2失点、エ軍は首位奪回

ガーディアンズ戦に先発し2勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
ガーディアンズ戦に先発し2勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

投球で5回4奪三振5安打2失点、打撃で中前打→弾丸適時二塁打→中前打

■エンゼルス 9ー5 ガーディアンズ(日本時間28日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は27日(日本時間28日)、本拠地のガーディアンズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場し、今季2勝目を挙げた。最速159キロを武器に5回4奪三振5安打2失点と好投。バットでは6回に右越え適時二塁打を放つなど5打数3安打1打点をマークした。先発投手で3安打は渡米後初だ。チームは9-5で大勝し、今季初の4連勝。貯金を最多5とし、首位を奪取した。

 大谷らしい当たりが戻ってきた。5点リードの6回1死三塁。右越えへ適時二塁打を放った。打球速度108.2マイル(約174.1キロ)。強烈な打球に本拠地ファンも大盛り上がりだった。本拠地では今季初打点だ。

 4回2死一塁では昨季10勝の右腕プリーサックから中前へ。打球速度106.7マイル(約171.7キロ)だった。チャンスを広げ、同満塁からのウォルシュの適時打を演出した。8回先頭でも中前打を放ち、今季初の1試合3安打をマーク。3安打は昨年6月27日の敵地・レイズ戦以来だ。

 投球では初回にラミレスに先制2ランを浴びたものの、2回以降は粘りの投球を見せた。5回4奪三振5安打2失点と試合を作り、今季2勝目を挙げた。チームは14安打9得点の猛攻で、今季初の4連勝で首位に浮上した。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY