大谷翔平は「良くなり続けた」 5回2失点で2勝目、マドン監督が修正力を絶賛

ガーディアンズ戦に「2番・投手兼DH」で出場し、2勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】
ガーディアンズ戦に「2番・投手兼DH」で出場し、2勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:AP】

初回に2ランを被弾「序盤は変化球に少し頼り過ぎていた」

■エンゼルス 9ー5 ガーディアンズ(日本時間28日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手が27日(日本時間28日)、本拠地でのガーディアンズ戦に「2番・投手兼DH」で投打同時出場し、今季2勝目を挙げた。最速159キロを武器に5回4奪三振5安打2失点と好投。バットでは6回に右越え適時二塁打を放つなど5打数3安打1打点をマークした。チームは今季初の4連勝。試合後、ジョー・マドン監督は「ショウヘイは序盤ベストな投球ができていなかったが、試合が進むにつれて尻上がりに良くなっていった」と評価した。

 投球では初回にラミレスに先制2ランを被弾するも、2回以降は粘りの投球。徐々に安定感を増し、5回4奪三振5安打2失点で降板。指揮官は好転した要因について「速球だ。序盤は変化球に少し頼り過ぎていた。積極的に試合に入っていけていなかった。速球を使って積極的になってからはよくなっていった」と強調。修正力を絶賛し「試合が進むにつれて調子が出てきた。彼はどんどん良くなり続けていた」と唸った。

 バットでは、5点リードの6回1死三塁。右越えへ適時二塁打。4回2死一塁では昨季10勝の右腕プリーサックから中前へ。8回先頭でも中前打を放ち、今季初の1試合3安打をマーク。マドン監督は今季初の“猛打ショー”に「時間の問題だった。これまで少しタイミングが早かったが、今は前よりもしっかり引きつけられている」と頷いた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY