鈴木誠也が“新人王候補”1位に MLB公式が高評価「ホットなスタートを切った」

カブス・鈴木誠也【写真:ロイター】
カブス・鈴木誠也【写真:ロイター】

「ルーキー・パワーランキング」の第1回の結果が発表された

 カブスの鈴木誠也外野手が、MLB公式の「ルーキー・パワーランキング」で1位に選出された。月に1度、MLBパイプラインという有望株を扱うコーナーのスタッフたちが新人王に輝くと思う選手に投票。今年の第1回が発表され、トップとなった。

 現時点までのパフォーマンスと今後のシーズンで期待される活躍を予想し、それらの組み合わせを主観的に判断して投票されたもの。鈴木の1位は「非常に納得できることだろう」とされ「我々(MLB公式)は、シーズン開幕前からナ・リーグ新人王の最有力候補として彼の名前を挙げていた」「元日本のセントラル・リーグのスターは、ホットなスタートを切った」と好スタートを称えた。

 3日(日本時間4日)の試合前時点で、打率.278、出塁率.398、長打率.528。「このような数字なら、新人王どころか、MVPの投票でも名前を見ることができるだろう。(現時点で)スズキより多くの打点、二塁打、四球、安打を記録しているルーキーはいない」と評価されている。

 なお、2位はフリオ・ロドリゲス(マリナーズ)、3位はジェレミー・ペーニャ(アストロズ)、4位はジョー・ライアン(ツインズ)、5位はボビー・ウィットJr.(ロイヤルズ)となった。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY