大谷翔平は「リーグ最高の選手」 対峙した現役最年長左腕も絶賛「凄い才能」

打撃では2安打、投球では7回無失点で今季3勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
打撃では2安打、投球では7回無失点で今季3勝目を挙げたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

ヒルは5回1安打無失点、唯一浴びた安打は大谷の中越え打だった

■エンゼルス 8ー0 Rソックス(日本時間6日・ボストン)

 エンゼルスの大谷翔平投手が5日(日本時間6日)、敵地で行われたレッドソックス戦で今季3勝目を挙げた。投げては7回無失点、打っては4打数2安打と“リアル二刀流”で躍動。メジャー最年長投手の相手先発リッチ・ヒル投手も賛辞を惜しまなかった。

 レッドソックス地元放送局「NESN」は、ヒルが降板後に話した内容を紹介。「彼はリーグ最高の選手だ。これについては全員がほとんど同意すると思う。ああいう人を見るのは結構特別なことだし、(彼がしていることの)価値を全員が心底理解するべきだと思う。100年ほど見ていなかったことだし、この先100年また見られないものかもしれない。彼がもの凄い才能を持っているのは見ての通り」と絶賛していた。

 ヒルもこの日5回1安打無失点と好投。唯一許した安打は、4回に大谷に浴びた中堅フェンス直撃の一打だった。「フェンウェイでは初先発だったと思うけど、今日は素晴らしい投球だった。そして言うまでもなく、打つ方も良かった」と投打両方のパフォーマンスを称えた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY