大谷翔平の同点打に敵将嘆く「捕ってくれないかと願ったが…」「強烈な打球だった」

9回に同点の2点適時二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
9回に同点の2点適時二塁打を放ったエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

大谷が放った打球は中堅手の頭上を越えてフェンスに直撃

■エンゼルス 5ー4 ナショナルズ(日本時間9日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は8日(日本時間9日)、本拠地・ナショナルズ戦に「3番・指名打者」で先発出場し、9回に同点の2点適時二塁打を放った。劇的なサヨナラ勝ちにつながる同点打に、ナショナルズのデーブ・マルティネス監督も「捕ってくれないかと願ったが、強烈な打球だった」と脱帽していた。

 劇的な一打は2点を追う9回2死一、三塁で生まれた。大谷は右腕レイニーのスライダーを左中間へ。あと一歩で逆転サヨナラ弾とはならなかったものの、フェンスを直撃。2人の走者が生還して同点に追いつき、大谷は二塁ベース上で雄叫びをあげた。

 さらに、続くレンドンが中前打を放つと、大谷は二塁から一気に三塁を蹴って本塁目がけて激走。猛然と滑り込み、間一髪のところでサヨナラのホームを踏むと、大きなガッツポーズで勝利を喜んだ。エンゼルスにとっては今季2度目のサヨナラ勝ちとなり、ナインは大盛り上がりとなった。

 白星まであとアウト1つのところに迫っていたナショナルズにとっては、2点差をひっくり返される悪夢の逆転サヨナラ負けに。ナショナルズの地元放送局「MASN」はマルティネス監督のコメントを紹介し、敵将は「私たちは彼ら(トラウト、オオタニ、レンドン)に対してこの連戦、ずっといい投球が出来ていたと思う。彼らが打線の中軸として出てくるときは危険だ。彼らがなにをできるのか、あっという間に見せられた」と落胆の様子だった。

 また、大谷に打たれた同点打についても「(中堅手のロブレスが)捕ってくれないかと願っていたが、フェンスに当たって跳ね返った。彼が強烈な打球を打ったからね」と嘆いていた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY