大谷翔平、日本人最速100号&史上2人目の快挙 指揮官も賛辞「もはや驚きはしない」

通算100号本塁打を放ちナインに祝福されるエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】
通算100号本塁打を放ちナインに祝福されるエンゼルス・大谷翔平【写真:ロイター】

100本塁打&250奪三振はベーブ・ルース以来の快挙となった

■エンゼルス 9ー1 アスレチックス(日本時間15日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手が14日(日本時間15日)、敵地で行われたアスレチックス戦でメジャー通算100号本塁打を放った。100本塁打&250奪三振はベーブ・ルース以来、MLB2人目の快挙。ジョー・マドン監督は「彼が毎日やっていること。もはや驚きはしない。それが今の彼というものだから」と賛辞を送った。

 さらに「今回に続き、彼はこれからも増やし続けていく。彼は野球選手であり、プレーすることを楽しんでいる」と野球に対する姿勢を称え、まだまだ記録を伸ばしていくことを期待した。

 また「100号へのご褒美として、彼はMCハマーのサイン入りボールをゲットした」と明かし、報道陣の笑いを誘っていた。

(Full-Count編集部)

SPOTV

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY