DeNAから楽天へ移籍の伊藤裕季也がコメント 「自分らしい結果を残せるよう頑張る」

楽天への移籍が発表されたDeNA・伊藤裕季也【写真:小谷真弥】
楽天への移籍が発表されたDeNA・伊藤裕季也【写真:小谷真弥】

パンチ力ある打撃も…今季は打率.077にとどまる

 DeNAは28日、伊藤裕季也内野手と楽天の森原康平投手の1対1の交換トレードが成立したと発表した。楽天へ移る伊藤は、立正大からドラフト2位で入団して4年目。DeNAを通じてコメントを発表した。

「このたび、東北楽天ゴールデンイーグルスに移籍することになりました。ベイスターズに入団してから今まで、多くの方々に支えていただき、感謝しています」と感謝を述べた上で「思うような結果が出せず、悔しい気持ちがありますが、野球人として自分らしい結果を残せるように、また新たな地で頑張りたいと思います。3年半お世話になりました。ありがとうございました」と続けている。

 伊藤はパンチ力のある右打ちの内野手で、立正大から入団した2019年には1軍21試合で4本塁打している。今季は7試合で13打数1安打、打率.077の成績を残している。2軍では49試合に出場し打率.300、4本塁打。

(Full-Count編集部)

JERAセ・リーグ

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY