大谷翔平は「マジでこれ大丈夫?」 思わず呻いた…登板前日の“右腕死球”にファン悲鳴

死球を受けたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】
死球を受けたエンゼルス・大谷翔平【写真:Getty Images】

登板前日に肝心の右腕を襲ったアクシデント

■アスレチックス ー エンゼルス(日本時間5日・オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、敵地でのアスレチックス戦で、悶絶のアクシデントに見舞われた。3回の第2打席で右上腕に死球。肝心の右腕を襲った痛みに、思わず呻き声が出てうずくまった姿に、ファンは「お願いだからやめてあげて」「信じられない」と悲鳴を上げた。

 3回2死で、アスレチックスの左腕アービンの84.4マイル(約135.8キロ)のチェンジアップが大谷の右上腕を襲った。「うおっ!」という声が響き、打席内でしばらくうずくまる。そのままプレー続行して一塁へ進んで笑顔を見せたが、血の気の引くシーンだった。

 翌5日(同6日)の今季最終戦では、16勝目をかけて先発予定。規定投球回到達も目前に控えた中での事態に、SNS上は騒然。「大谷くん心配過ぎる」「マジでこれ大丈夫?」「明日投げられるのかな」「大谷大丈夫? 明日先発なのに……」などの声が相次いでいる。

RECOMMEND