華麗なる100億円右腕撃ち 大物食い21歳に大成の予感「天才」「イチロー2世」

楽天・武藤敦貴【画像:パーソル パ・リーグTV】
楽天・武藤敦貴【画像:パーソル パ・リーグTV】

プロ初本塁打も西武の平良から「武藤はマジのガチ」

 昨季リーグ4位に沈んだ楽天は今季から石井一久監督がGMを務めずに監督に専念する。2023年で監督としては3年契約の最終年。期待の若手となりそうなのが高卒4年目の武藤敦貴外野手だ。「パーソル パ・リーグTV」公式YouTubeは「【2023期待の若手】『3拍子揃った“ハツラツ”ボーイ』武藤敦貴」として動画を公開している。

 武藤は宮崎・都城東高から2019年ドラフト4位で楽天入り。2021年に1軍デビューし、昨季は43試合出場、打率.250、1本塁打、9打点をマークした。50メートル走6秒0の俊足を武器とする21歳の左打者だ。昨年6月17日のソフトバンク戦(PayPayドーム)では5年7500万ドル(約100億2000万円)でメッツ入りした千賀滉大から2打席連続で強烈な右前打を放った。

 7月23日の西武戦(ベルーナドーム)で放ったプロ1号は昨季の最優秀中継ぎ投手に輝いた平良海馬からだった。ファンからは「プロ1号ホームランが平良からというのがまず凄いしそのタイミングもまたすごいし持ってる男だと思う」「武藤はマジのガチ西川を超える逸材」「武藤の天才的なバッティングかっこいいな」「島内辰己に続ける逸材!」「来シーズン確実に来る」「杜の都のイチロー2世」「ユニホームの感じがイチローみたい」などとコメント。石井監督が目指す常勝軍団の構築へは若手の底上げが不可欠だ。

【動画】「ユニホームの感じがイチローみたい」 ファンゴリ推しの楽天ハツラツボーイ映像

RECOMMEND