WBCチェコ代表、待望の再来日実現「日本に行きたいと即答」 ロッテ戦で始球式

ファンの声援に応えるWBCチェコ代表【写真:荒川祐史】
ファンの声援に応えるWBCチェコ代表【写真:荒川祐史】

8月1日のロッテ-日本ハム戦に3人が来場

 ロッテは27日、8月1日の日本ハム戦(ZOZOマリンスタジアム)に、3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で話題を呼んだチェコ代表の3人が来場すると発表した。パベル・ハジム監督、マルティン・ムジーク内野手、ルカーシュ・エルコリ投手が訪れる。

 発表によると、球団はチェコでの野球振興や文化交流を推進する「マリーンズ‐チェコベースボールブリッジプログラムsupported by Panasonic HVAC Company」をチェコセンター東京(チェコ外務省外郭団体)の協力を得て開始。その一環で再来日が実現し、3人は試合前の演出に出演するほか、ハジム監督が始球式を務める。

 球団を通じて発表した3人のコメントは以下の通り。

○パベル・ハジム監督
「このたびの千葉ロッテマリーンズからのご招待に心から感謝しています。野球がつないだ日本とチェコの間の友好・協力の架け橋を、更に強固にすることができればと願っています。次は、WBCのとき我々を温かく迎えてくれた日本の素晴らしいファンの方々に私たちがお礼を伝える番です」

○マルティン・ムジーク内野手
「今回の打診をいただいたとき、また日本に行きたいと即答しました。野球人生で一番の経験だったかもしれません。WBCではチェコ野球の確かな足跡を日本に残すことができましたし、もう一度日本のファンのみなさんと触れ合えることを楽しみにしています。日本の野球ファンは世界最高です!」

○ルカーシュ・エルコリ投手
「日本とチェコの野球界で長期的な協力関係を築くことは、チェコで野球に携わる多くの人々の夢でした。その夢が叶うのですから、今回の訪日のご招待を迷わずお受けしました。すばらしい関係づくりの機会をいただいたと感じています。世界一の野球ファンのお会いできるのが待ち遠しいです! 日本食も楽しみです」

(Full-Count編集部)

JERAセ・リーグ

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY