通訳なしの会話で「顔芸が止まらない」 大谷翔平のイケメンとの一幕が「なんか面白い」

ドジャース・大谷翔平【写真:ロイター】
ドジャース・大谷翔平【写真:ロイター】

大谷翔平は本拠地開幕戦の第1打席、走塁ミスでアウトとなっていた

 ドジャース・大谷翔平投手の“顔芸”が密かに注目されている。28日(日本時間29日)のカージナルスとの本拠地開幕戦に「2番・指名打者」で出場。初回に走塁ミスした後、同僚とのやりとりの様子に「顔芸が止まらない」などとファンが関心を寄せている。

 大谷は初回無死一塁、右翼線へ強烈な当たりを放ったが、一塁走者・ベッツの三塁ストップを確認せず。二、三塁間の挟殺プレーでタッチアウトとなった。記録は二塁打となったがベンチへ戻ることになった。

 ベンチへ戻ると、イケメンで知られるジェームズ・アウトマン外野手へ状況を“説明”したのか、通訳なしで表情豊かにコミュニケーションを図っていた。その様子にファンも「あんな顔こんな顔」「なんか面白い」「イケメン」と反応していた。

表情豊かにコミュニケーションを図るドジャース・大谷翔平【写真:Getty Images】
表情豊かにコミュニケーションを図るドジャース・大谷翔平【写真:Getty Images】

 試合後、ロバーツ監督は大谷の走塁ミスについて「彼はとっても速く走れるけど、彼の前に走者がいるってことを理解しないとね」と茶目っ気たっぷりに指摘。報道陣から笑い声が漏れていた。

【実際の画像】「顔芸が止まらない」とファン注目、大谷翔平の豊かな表情

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY