野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME

東海大甲府 新着記事

  • 人生を変えた同級生・原辰徳の言葉とは 東海大甲府・村中監督インタビュー【後編】

    インタビュー/解説

    監督就任30周年を迎えた東海大甲府(山梨)野球部・村中秀人監督がインタビューに応じ、自身の監督生活を振り返った。高校時代は東海大相模高(神奈川)の左腕エースとして夏3度、春1度、原辰徳氏(巨人監督)とともに甲子園の土を踏んだ。東海大、プリンスホテルと進み、1988年に母校の監督に就任し、92年センバツで準優勝。99年から東海大甲府で指揮を執り、最近では2012年夏の甲子園でベスト4の成績を収めている。これまでの足跡、同級生・原との出会いから、恩師・原貢(はら・みつぐ)監督への思いを語った。

    続きを読む
  • 名将を高校野球につなぎ留めた息子の一言 東海大甲府・村中監督インタビュー【前編】

    インタビュー/解説

    監督就任30周年を迎えた東海大甲府(山梨)野球部・村中秀人監督がインタビューに応じ、自身の監督生活を振り返った。高校時代は東海大相模高(神奈川)の左腕エースとして夏3度、春1度、原辰徳氏(巨人監督)とともに甲子園の土を踏んだ。東海大、プリンスホテルと進み、1988年に母校の監督に就任し、92年センバツで準優勝。99年から東海大甲府で指揮を執り、最近では2012年夏の甲子園でベスト4の成績を収めている。これまでの足跡、同級生・原との出会いから、恩師・原貢(はら・みつぐ)監督への思いを語った。

    続きを読む
  • 根尾、万波と並び1年夏から注目された男 東海大甲府・小野寺瑞生が進む道

    インタビュー/解説

    昨夏、東海大甲府で背番号1を付け甲子園を目指した小野寺瑞生選手が、このほど同校を卒業し、4月から東都大学野球連盟二部リーグの東京農業大学に進学する。川崎中央リトルシニア時代は中学生ながら投手では143キロを投げ、打者では長打力も注目された“二刀流”プレーヤーだった。高校時代は2度、県大会の決勝で敗れ、甲子園出場は夢と消えたが、大学野球という次のステージへと向かう小野寺に高校野球の3年間やこれからの野球への思いを聞いた。

    続きを読む

注目選手

SNSでも野球の「知りたい」を配信中!

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」