野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • MVPは誰だ? あるか、史上初の最下位球団からのMVP

MVPは誰だ? あるか、史上初の最下位球団からのMVP

NPBはシーズンも大詰めとなり、シーズン最高殊勲選手の予想が聞こえてくる季節となった。両リーグとも、バレンティンと田中将大という突出した成績を残している選手はいるが、バレンティンの所属するヤクルトは7日現在で最下位。これがMVPの予想を難しいものとしている。

巨人・村田のライバルはヤクルトのバレンティン

 シーズンも大詰めとなり、そろそろ聞こえて来るのが「MVP(最高殊勲選手)は誰なのか?」という声だ。毎年、各リーグから一人、記者投票で選出されるこの栄誉ある賞。近年では日本一やリーグ優勝(クライマックス・シリーズ敗退も含む)のチームからの選出が多いが、今年はその暗黙のルールが撤回されそうな気配も帯びている。

 リーグ優勝目前の巨人や楽天からか、はたまた最下位候補のヤクルトや逆転優勝を目論むロッテからか。今年のMVPをひと足早く予想してみたい。

 スター揃いの巨人の中で、最もMVPに近い男は村田修一内野手だろう。一時は7番や8番を打つなど低迷していた時期もあったが、7月は月間MVPを受賞する活躍を見せ、8月もセ・リーグ記録となる月間46安打を放った。特に8月は調子を落とした投手陣ばかりでなく、昨年、最多安打をマークした長野久義、坂本勇人の不調の穴を完璧にカバーし、今や巨人の4番に座る存在だ。

 巨人は主将の阿部慎之助も好調を維持しており、タイトルにこそ手が届きそうにないが、MVP候補の次点と言えるだろう。ルーキーの菅野智之の活躍も候補に入るには十分だ。が、しかし、村田がもっとも警戒しなくてはならないライバルは、阿部でも菅野でもない。猛烈な勢いで本塁打を量産するヤクルトのバレンティンだ。

人気記事ランキング