野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

DeNAの新外国人右腕は松井秀喜と高橋尚成が認めた男

DeNAが新外国人のギジェルモ・モスコーソ投手(30)を獲得し、1月31日に入団会見を行った。メジャー通算13勝の右腕の“正体”は、まだベールに包まれているが、実は2011年にアスレチックスで松井秀喜氏(39)、昨年はカブスの3Aアイオワで高橋尚成投手(38)と共にプレーしており、両者からは実力を高く評価されていた。

DeNA

モスコーソはプレーオフ進出の切り札となるか

 プレーオフ進出への切り札になるだろうか。DeNAが新外国人のギジェルモ・モスコーソ投手(30)を獲得し、1月31日に入団会見を行った。メジャー通算13勝の右腕の“正体”は、まだベールに包まれているが、実は2011年にアスレチックスで松井秀喜氏(39)、昨年はカブスの3Aアイオワで高橋尚成投手(38)と共にプレーしており、両者からは実力を高く評価されていた。首脳陣の期待通りに力を発揮すれば、DeNAにとって大きな補強となることは間違いない。

 メジャーでは典型的な「フライボールピッチャー」として知られていた。力のある直球で押し込み、フライを量産する。本人は「パワーピッチもすることもできるけど、得意とするスライダー、カーブ、チェンジアップを駆使して6、7回まで試合を作れるように投げたい」と話すが、メジャーの強打者を打ち取ってきた力のある速球は、日本では大きな武器となるはず。平均90マイル(約145キロ)程度でも、米国と同じスタイルで十分に結果を残せる。

 キャリア最高の活躍を見せたのは、アスレチックスに所属していた2011年だった。タイソン・ロスの負傷でメジャーに昇格すると、先発ローテーションに定着。21試合に先発して8勝10敗の成績を残した。結果は負け越しに終わったが、防御率3・38の数字からも分かるように投球内容は安定しており、評価は高かった。

 チームメートだった松井秀喜氏も、その実力を認めていた。アスレチックスでの初登板となった5月24日のエンゼルス戦では、6回3安打無失点といきなり好投。当時、アスレチックスの先発陣には故障者が続出しており、前日のジョシュ・アウトマンに続いて、マイナーから昇格したばかりのモスコーソが重要な役割を果たしていた。これには松井氏も「けっこうビックリですよね。すごいなと思います」と話し、3Aにモスコーソほどの実力者がいることに驚きを隠せなかった。

 同年9月7日のロイヤルズ戦では、8回2死まで相手打線を無安打に抑える快投劇も演じている。本拠地のオークランド・コロシアムは異様な雰囲気に包まれたが、あと少しというところで快挙を逃した。これには松井氏も「あそこまでいってましたからね。ちょっと期待して見ていました」と落胆を隠せなかった。ボールに力はあるだけに、ストライクゾーンに集まれば凡打の山を築ける。この日の投球について、松井氏は「常にストライク先行だった。そこがよかった」と振り返っている。日本では、多少コントロールが甘くなっても抑えられるはずで、より自信を持って投げれば結果はついてくるはずだ。

人気記事ランキング