野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

人気のタグ

  • HOME
  • MLB
  • 米国はこう見ている
  • 【米国はこう見ている】米メディアが選ぶ「メジャー最高の先発9投手」の中に日本人3投手 ダルビッシュ有、田中将大、岩隈久志の凄さ

【米国はこう見ている】米メディアが選ぶ「メジャー最高の先発9投手」の中に日本人3投手 ダルビッシュ有、田中将大、岩隈久志の凄さ

MLBは今季日程の3分の1を過ぎたところだが、「現時点のメジャー最高の先発投手は誰か」という特集がESPNで行われ、地元で話題になっている。

メジャートップ9人の先発投手は?

 MLBは今季日程の3分の1を過ぎたところだが、「現時点のメジャー最高の先発投手は誰か」という特集がESPNで行われ、地元で話題になっている。

侍ジャパンの正捕手争いに注目 専門家が分析「国際試合で最優先は守り」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 データ分析に定評のあるデビッド・スコーエンフィールド記者が「クリス・セールがメジャー最高の先発投手かもしれない」との見出しで現在メジャーを席巻する9投手を選出。ドジャースのザック・グレインキーやナショナルズのスティーブン・ストラスバーグら実力者が選外となる中、日本の誇るエーストリオ、レンジャーズのダルビッシュ有投手、ヤンキースの田中将大投手、マリナーズの岩隈久志投手が選ばれている。日本時間7日の試合前の段階のデータを基に、以下の投手を「最高の先発投手」リストに上げている。

【クリス・セール(ホワイトソックス)】

 今季はこれまで7試合に先発し、5勝0敗で防御率1・59、被打率は1割2分6厘、52奪三振、8四球。スライダーは「大の大人を泣かせるほど」の決め球と評価されている。ホワイトソックスのスタジアムがメジャー有数のホームラン天国として知られている不利もあるが、防御率は2012年に3・05、13年は3・07と、ここ数年安定した成績を残している。記事では、「独特のスリークォーター気味のフォームで、不自然なほどの腕の振りからコンドルという異名を持つこともボーナスポイントだ」と称賛されている。

 一方で、マイナスポイントもあるという。メジャーのキャリアで200イニングを投げたシーズンはまだ1度しかなく、今季も開幕直後に左腕屈筋の負傷で故障者リスト(DL)入りした期間があったため、難しいかもしれない。肘に負傷を抱えることも懸念材料だ。今季登板した7試合のうち平均以上の打撃力を持つチームとの対戦はインディアンス戦のみだとも指摘されている。

【クレイトン・カーショー(ドジャース)】

 記事では「ここ3年間で最高の投手であり、実際には2度選出されたサイ・ヤング賞に3度選出されるべきだった」と絶賛されている。今季は4勝2敗、防御率3・32で苦しんでいるが、三振と四球の割合は昨シーズンよりも向上している。

 スコーエンフィールド記者は「神様が悪魔を追い払うために一球を必要とするならば、カーショーのカーブを選ぶだろう」と決め球の衝撃を表現。過去3シーズンでの平均登板回数は232イニングで、タレント揃いのドジャースの先発ローテーションでも揺るぎない存在だ。記事ではドジャース守備陣の脆弱性も指摘されており「守備範囲の狭いセンターのマット・ケンプとショートのハンリー・ラミレスという不安定なディフェンス陣で投げている」と擁護。「1回2/3しか持たずに7失点を喫した一戦(5月17日・ダイヤモンドバックス戦)を除けば、彼は今まで同様に圧倒的な存在だ」と記している。

 その一方で、減点材料も挙げている。防御率3・32は物足りない数字であることは確か。腰痛でシーズン序盤を欠場したことも懸念材料だという。昨年打たれることのなった決め球のカーブも、今季は1本塁打を含む3長打を許した。また、昨年のカージナルスとのナ・リーグ優勝決定戦第6戦で打ち込まれたことも指摘されている。

人気記事ランキング