日本ハム・斎藤佑樹はなぜ好投、炎上を繰り返すのか
2014.08.17
日本ハムの斎藤佑樹が苦しんでいる。2012年シーズン終盤に負った右肩関節唇損傷から復帰後は実に好不調の波が激しい。2軍で大量失点することも少なくない。マウンドに登ってみなければ、分からない――。なぜ、好投、炎上を繰り返すのか。
日本ハム

日本ハム投手コーチから見る好不調の波の要因

 日本ハムの斎藤佑樹が苦しんでいる。7月31日のロッテ戦で6回1失点。785日ぶりの勝利を飾ったのもつかの間、続いて登板した8月14日のロッテ戦では初回、先頭打者にいきなり四球を出すなど3失点。結果、2回2/3を5失点でKOされた。「立ち上がりの四球が悔やまれる」。声のトーンは当然、沈んだ。

侍ジャパンを代表するスラッガーへ 中田翔が日の丸への思い激白

 2012年シーズン終盤に負った右肩関節唇損傷から復帰後は実に好不調の波が激しい。2軍で大量失点することも少なくない。マウンドに登ってみなければ、分からない――。そんな声が聞こえてくるのもうなずける。

 ではなぜ、好投、炎上を繰り返すのか。「球は悪くない」と言い切るのは厚澤投手コーチだ。

「1つ1つのボールは1軍で通用する。ブルペンでも悪くない。ただ、やられる時はいつも不利なカウントから始まる。慎重さからなのか……」

 慎重さとは――。斎藤が持つ豊富な経験が“マイナス作用”している部分もあるのかもしれない。現役時代に「魂のエース」とも評された黒木投手コーチは「打者との対戦の仕方、打ち取り方。『こうやって抑える』というのが染みついているのかもしれない」と指摘する。



1 2
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月