野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 巨人が3年連続リーグ制覇 原監督が思い出の地で8度宙を舞う

巨人が3年連続リーグ制覇 原監督が思い出の地で8度宙を舞う

巨人が横浜DeNAに6-3で勝利し、3年連続のリーグ優勝を果たした。優勝マジックを2として迎えた26日。巨人より、一足先に広島が阪神に3-4での逆転負けし、巨人が勝ったため、決まった。

巨人

巨人が横浜DeNAを6-3で下す

 巨人が横浜DeNAに6-3で勝利し、3年連続のリーグ優勝を果たした。優勝マジックを2として迎えた26日。巨人より、一足先に広島が阪神に3-4での逆転負けし、巨人が勝ったため、決まった。

 3点リードした最終回。原監督は今シーズンも投げまくったリリーフ陣を惜しみなく、つぎ込んだ。先発の内海を8回途中からリリーフした西村、9回からは山口がマウンドへ。代打・石川ら左打者を2人打ち取った後、最後はクローザーのマシソンが上がった。

 マシソンは2アウトから下園にレフト前ヒットを打たれた。この時、甲子園で広島が阪神に敗れて、マジックが1になった。巨人ファンが集まる横浜スタジアムのレフトスタンドの大歓声がそれを知らせた。マシソンが最後、桑原を三振に打ち取り、試合終了。劇的といえる幕切れで、原監督が胴上げで、現役時代の背番号と同じ「8」度、夜空に舞った。

 先発の内海は横浜DeNA戦で2試合連続完封と相性がよく、テンポのいい投球を進めていった。打線も内海を援護。好調の亀井が4回ツーアウト1、3塁からライトへ先制のタイムリー。村田の死球後、満塁から片岡がセンターへ2点タイムリー。3点を先制した。相手先発の井納を攻略した。

人気記事ランキング