野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 松坂大輔は日本球界復帰で輝けるか 過去の国内復帰初年度に見る成績の“浮沈”

松坂大輔は日本球界復帰で輝けるか 過去の国内復帰初年度に見る成績の“浮沈”

今季まで8シーズンの間、メジャーでプレーしてきた松坂大輔投手の日本球界復帰が秒読み段階に入っている。すでに複数のメディアでソフトバンクへの移籍が報じられており、正式発表されれば、ファンからも大きな注目を浴びることになるだろう。

注目される松坂の国内復帰

 今季まで8シーズンの間、メジャーでプレーしてきた松坂大輔投手の日本球界復帰が秒読み段階に入っている。すでに複数のメディアでソフトバンクへの移籍が報じられており、正式発表されれば、ファンからも大きな注目を浴びることになるだろう。

 松坂は今季メッツで34試合(先発9試合)に登板して3勝3敗、1セーブ、防御率3.89。9月は4試合に救援登板し、連続無失点で締めくくった。先発、中継ぎ、抑えと様々な役割を担ったシーズンについて、「難しいシーズンだった。色んな経験をさせてもらった。野球人生にとってはいい1年だった」と振り返りつつも、「来年に向けても先発がやりたいという気持ちはこれからも変わらない」と先発に強いこだわりを見せていた。

 メジャーから日本球界となった際にどのような活躍を見せてくれるのか。期待は高まるばかりだが、ここで過去の“国内復帰組”の成績を振り返ってみたい。

 たとえば、今年の日本シリーズで見ると、阪神の福留孝介、西岡剛、ソフトバンクの五十嵐亮太や岡島秀樹とメジャー帰り4選手が出場。その中でも五十嵐は今季日本一に輝いたソフトバンクにおいてシーズン、シリーズととても大きな役割を果たしていた。シリーズの第4戦でも同点の8回に登板し、2イニングを打者6人、完璧に抑える内容だった。

 五十嵐はメッツやヤンキースなどでプレーし、昨年ソフトバンクで日本復帰。2013年は51試合に登板し、3勝3敗11ホールド、12セーブ、防御率2.53。今年は63試合に登板し、1勝3敗2セーブながら、44ホールド、防御率1.52とリーグ制覇に大きく貢献した。

 アメリカ帰りの選手の獲得に疑問を投げかける声もあるが、五十嵐の補強は成功と言える。また、昨年の日本シリーズにはメジャー帰りの選手では楽天の松井稼頭央や斎藤隆らが出場していた。

人気記事ランキング