野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ダルビッシュ有
  • ダルビッシュがレッドソックスのエースに? 地元紙が来季途中のトレードの可能性に言及

ダルビッシュがレッドソックスのエースに? 地元紙が来季途中のトレードの可能性に言及

レンジャーズのダルビッシュ有投手がチームの不振の影響でトレードに出される可能性を地元メディアが分析している。地元紙「ボストン・グローブ」が「レッドソックスは本当にエースピッチャーを獲得する必要があるのか?」との見出しで特集しており、その中でダルビッシュの名前が候補の1人として挙がった。

20141227_darvish

メジャー屈指のエースとして評価されているダルビッシュ

 レンジャーズのダルビッシュ有投手がチームの不振の影響でトレードに出される可能性を地元メディアが分析している。地元紙「ボストン・グローブ」が「レッドソックスは本当にエースピッチャーを獲得する必要があるのか?」との見出しで特集しており、その中でダルビッシュの名前が候補の1人として挙がった。

 今季、ア・リーグ東地区最下位に終わったレッドソックスは、オフに入ってから大補強を展開している。すでにFA市場の打者の目玉だったパブロ・サンドバル内野手、ハンリー・ラミレス内野手を獲得し、投手はトレードでウェイド・マイリー、リック・ポーセロを、FAでジャスティン・マスターソンを補強した。

 だが、今季途中にトレードでアスレチックスに放出し、シーズン終了後にFAとなった左腕ジョン・レスターの争奪戦でカブスに敗れたため、真のエース不在が懸念材料となっている。

 そこで地元紙が、米の野球データサイト「ファングラフ」の算出した来季の予想WARで、15位に入ったポーセロより上位に位置するMLB屈指のエースがトレードに出される可能性、そしてその投手をレッドソックスが獲得できる可能性を探っている。

 WARとは打撃、守備、走塁、投球を総合的に評価して選手の貢献度を表す指標で、そのポジションの代替可能選手と比較し、どれだけ勝利数を上積みしたかを分析したもの。セイバーメトリクスによる指標で、メジャーで最も重視される数値の1つだ。

 1位は今年のナ・リーグMVPとサイ・ヤング賞に選出されたドジャースのクレイトン・カーショー投手。ただ、WAR4・8と控えめの評価となっているメジャー最強ピッチャーの移籍の可能性は皆無だという。

 2位の「コンドル」の異名を持つホワイトソックスの変則左腕、クリス・セール投手(WAR 4・7)、3位のマリナーズの「キング」こと、フェリックス・ヘルナンデス投手(WAR4・4)の放出の可能性はなし、と記事では言及している。

 しかし、来季の活躍が予想されるエースとして、メジャー4番目に選出されているレンジャーズのダルビッシュ(WAR4・4)は状況が違うと分析されている。

人気記事ランキング