野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

松坂大輔の“日本復帰戦”の米国内の反応は? 「3回57球…Dice-Kだね」

ソフトバンクの松坂大輔投手が4日の阪神とのオープン戦で9年ぶりに“日本復帰”を果たしたことが、米メディアでも取り上げられている。原稿にはファンからのコメントも多く寄せられており、米国で8シーズンを過ごした「Dice-K」への注目度は、いまだに高いようだ。

20150305_dicek

4日の阪神戦登板を地元メディアが特集、「マツザカがカムバックしつつある」

 ソフトバンクの松坂大輔投手が4日の阪神とのオープン戦で9年ぶりに“日本復帰”を果たしたことが、米メディアでも取り上げられている。原稿にはファンからのコメントも多く寄せられており、米国で8シーズンを過ごした「Dice-K」への注目度は、いまだに高いようだ。

 レッドソックスの本拠地ボストンのケーブル局「NESN」(電子版)は特集記事を掲載し「ダイスケ・マツザカがカムバックしつつある」と報じた。かつてレッドソックスに所属した右腕が、ソフトバンクの選手としてオープン戦で登板し、3イニングで57球を要しながら、4安打無失点、2奪三振、2四球という投球内容で、3-0での勝利に貢献したことを記している。

 記事では、右腕が登板後に「緊張してフワフワした」と話していたことなども紹介。松坂がレッドソックスに2007~12年に所属し、初年度にはワールドシリーズ制覇に貢献したことや、その翌年に「彼のベストシーズン」で18勝3敗、防御率2.90の好成績を残したことを振り返っている。

 また、ESPN(電子版)も松坂の“日本復帰戦”の記事を掲載しているが、そこにはファンから多くのコメントが寄せられている。その反応は様々だ。その一部を紹介したい。

人気記事ランキング