野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

腕の張りで降板のダルビッシュ 「失望していたら、冗談言ってられない」

レンジャーズのダルビッシュ有投手が5日(日本時間6日)、オープン戦初登板となったロイヤルズ戦で上腕三頭筋の張りを訴え、降板するアクシデントに見舞われた。ダルビッシュは1回、打者4人相手に12球を投げ、1安打無失点に抑えたところで降板した。

20150306_dal

1回12球で降板も軽症を強調、「まったく心配する必要はない」

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が5日(日本時間6日)、オープン戦初登板となったロイヤルズ戦で上腕三頭筋の張りを訴え、降板するアクシデントに見舞われた。ダルビッシュは1回、打者4人相手に12球を投げ、1安打無失点に抑えたところで降板した。

 試合前は30球から40球を投げる予定だったというダルビッシュは、降板後に「普通にちょっと張っていたんで。だから、あんまり力を入れずにコントロールだけ意識して投げました」と説明。地元メディアの報道によると、6日に診察を受ける予定だという。

 ブルペンで投げている時から次第に張りが出てきたというが、登板を回避するほどではなかったため、予定通りに登板。ただ、マウンド上でも状態は変わらず、思い切り投げることはなかったという。

 結果的に1イニングのみで降板することになったが、本人は「まったく心配する必要はないです」と強調した。

人気記事ランキング