野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • その名も「アイアン・マイク」 ヤンキースがフル活用する“秘密兵器”とは

その名も「アイアン・マイク」 ヤンキースがフル活用する“秘密兵器”とは

田中将大投手の所属するヤンキースが、フロリダ州タンパでのスプリングキャンプで”秘密兵器”をフル活用していることを地元紙ニューヨーク・タイムズが特集した。

ヤンキース

地元紙が特集、紅白戦でも使われた「アイアン・マイク」の正体は?

 田中将大投手の所属するヤンキースが、フロリダ州タンパでのスプリングキャンプで”秘密兵器”をフル活用していることを地元紙ニューヨーク・タイムズが特集した。

 記事では「ヤンキースは膝の軟骨や肘の靭帯や肩の関節を傷つけることなく、一日中(一晩中)投げられるピッチャーを雇った」と伝えている。ジョー・ジラルディ監督は今回のキャンプで「アイアン・マイク」というピッチングマシーンを本格導入したというのだ。

 ヤンキースのキャンプには招待選手を含めて34人のピッチャーが参加しているが、現地時間2日に行われた紅白戦ではピッチャーがマウンドに上がらず、代わりに「アイアン・マイク」が時速90マイル(約144キロ)の速球を投げ続けたという。この試合では、クリス・ヤング外野手が三振を喫して米メディアで話題となっている。

人気記事ランキング