野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 大谷が開幕前最終登板でようやく好投 「最後に0点に抑えられたのは収穫」

大谷が開幕前最終登板でようやく好投 「最後に0点に抑えられたのは収穫」

日本ハムの大谷翔平投手が21日、東京ドームでの巨人戦でオープン戦最後の先発マウンドに上がった。3回38球を投げ、打者10人を相手に1安打無失点、無四球と好投。プロ3年目で初の開幕投手を務める二刀流右腕はオープン戦で苦しんでいたが、この日は内容、結果ともに上々だった。

日本ハム

3回1安打無失点で四死球ゼロ、打者10人に38球で最速は157キロ

 日本ハムの大谷翔平投手が21日、東京ドームでの巨人戦でオープン戦最後の先発マウンドに上がった。3回38球を投げ、打者10人を相手に1安打無失点、無四球と好投。プロ3年目で初の開幕投手を務める二刀流右腕はオープン戦で苦しんでいたが、この日は内容、結果ともに上々だった。

 初回。大谷は先頭の片岡を右飛に仕留めた。続く亀井には左前打を許したが、打たれたボールは157キロを計測。坂本は150キロ以上の直球を連発して追い込み、二ゴロに仕留めた。さらに阿部も156キロの直球で二ゴロに打ち取り、無失点でに抑えた。

 2回もセペダは一ゴロ。長野にはセンターへの大きなフライを打たれたが、陽岱鋼が背走しながらつかんだ。井端は150キロ超えの直球で二ゴロ。三者凡退に仕留めた。

 3回は相川をサードゴロに打ち取ったが、三塁レアードの失策でノーアウトの走者を許す。しかし、続くピッチャーのポレダのバントを捕手の石川が素早く処理。二塁に投げて併殺に仕留めた。さらに、片岡は外角低めへの156キロの直球で二ゴロに仕留めた。

人気記事ランキング