なぜ福田永将への期待度は大きいのか 26歳に見る「和製大砲」誕生の夢
2015.04.04
重々しい空気まで、豪快なアーチで吹き飛ばした。中日・福田永将内野手は、「5番・一塁」で今季初スタメンに名を連ねた3月31日の巨人戦。第1打席で見事、左翼席へ先制ソロをたたき込むと、6回にも適時打を放ち、3安打2打点。本拠地初戦でチームの開幕からの連敗を3で止めた。
中日

福田のスタメン起用以降、V字回復を見せた中日

 重々しい空気まで、豪快なアーチで吹き飛ばした。中日・福田永将内野手は、「5番・一塁」で今季初スタメンに名を連ねた3月31日の巨人戦。第1打席で見事、左翼席へ先制ソロをたたき込むと、6回にも適時打を放ち、3安打2打点。本拠地初戦でチームの開幕からの連敗を3で止めた。

 翌日は無安打に終わったが、3戦目に再び3号2ラン。2013年7月以来の巨人戦3タテに大きく貢献した。3日の広島戦も同点犠飛。35年ぶりの開幕3連敗となった中日は、福田のスタメン起用以降、4連勝のV字回復を見せた。

 結果を残した福田はもちろん称賛されるべきだが、印象的なのは、昨季まで通算4本塁打の26歳に送られる大歓声だ。背番号55が打席に向かう度 、ナゴヤドームは異様なまでの高揚感に包まれる。なぜ、これほど福田への期待感は大きいのか。

「右の和製大砲」の誕生は、中日にとって悲願だ。生え抜きの右打者でシーズン30本塁打以上をマークしたのは、39本塁打でキングに輝いた1996年の山崎武司まで遡らなければいけない。落合博満GMも、2003年オフの監督就任会見で「日本人の右の4番打者を育てる」と公約の一つに掲げたが、4度のリーグ制覇に導いた8年間でも成し遂げられなかった。



1 2
日本通運「侍ジャパン」応援特設サイト
ポカリスエット ゼリー|ポカリスエット公式サイト|大塚製薬
プロ野球契約更改2015-2016

人気記事ランキング
  • 今日
  • 今週
  • 今月