野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • ジョニー黒木が語る大谷翔平の課題 大一番で「涌井のような投球」を

ジョニー黒木が語る大谷翔平の課題 大一番で「涌井のような投球」を

日本ハムの黒木知宏投手コーチが2016年シーズンに二刀流4年目を迎える大谷翔平投手へ来季の課題を挙げた。

20151204_otani

日ハム投手コーチは大谷のプロ3年目をどう見たか、4年目への課題とは

 日本ハムの黒木知宏投手コーチが2016年シーズンに二刀流4年目を迎える大谷翔平投手へ来季の課題を挙げた。

 今季は初の開幕投手を務め、15勝5敗、防御率2・24、勝率7割5分でパ・リーグ投手3冠。リーグ投手部門のベストナインにも選ばれた。

 現役時代にロッテのエースとして通算76勝を挙げたジョニーこと黒木知宏氏。理論派が説いた大谷の目指すべき投球とは?

――2015年の大谷を見て。

「(大谷本人は)『シーズンの最後の最後で自分が思い通りに投げられなかった』と思ったんじゃないでしょうか? 確認はしてないけどね。本人がどう感じるか。技術的なこと、心の問題もあったと思う」

――ただ、リーグの最多勝、最優秀防御率、最高勝率と投手タイトルを3つ獲得した。

「結果はね。本人も(チームへの)責任感が出てきている。ただ、チームの信用、信頼を求めるのであれば、CSファーストステージ第3戦でロッテ・涌井が投げたような投球(7回途中143球を投げ8安打1失点)になってくると思う。そこに仕向けることが出来なかったのは我々の責任もあるが、正直なところ、そこを強く感じます」

人気記事ランキング