野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 増えつつあるMLB経験者の日本移籍 外国人選手が日本球界を目指す理由とは

増えつつあるMLB経験者の日本移籍 外国人選手が日本球界を目指す理由とは

誰もが目指す「メジャーリーグ」という舞台の一員になった選手や、あと一歩までたどり着いた選手たちが、あえて日本でのプレーを選択するのは何故だろうか?

20160210_gomes

中には大物選手も…なぜメジャー経験者の日本移籍が増えつつあるのか

 近年、大物外国人選手が日本にやってくることが増えた。主に楽天の動きは目を見張るものがあり、2014年のボストン・レッドソックス優勝の立役者の一人でもあったジョニー・ゴームズ選手が、今年日本へやってくる。また楽天には、メジャーで10年連続ゴールドグラブ賞を受賞するなど、メジャーを代表する外野手の1人だったアンドリュー・ジョーンズ選手や、結果は残せなかったものの、メジャーのオールスター選出経験もあるケビン・ユーキリス選手も在籍していた。

侍ジャパンU-15代表が快勝! 主将・野口海音が宣誓&先制打の活躍(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 外国人選手が球団にやってくることで、私のような通訳というポジションが初めて生まれる。その現象は日本でもアメリカでも同じである。

 私は幸運にもインターン時代を含め7年間、米国の野球界で通訳の仕事をする機会をもらった。多くの日本人選手がメジャーという舞台に新たな挑戦をし続けるからこそ得られた、私にとって貴重な経験だ。

 多くの日本人選手が海外移籍をするのは、国内では得ることのできない、新たな刺激や挑戦を求めていたことが主な理由だろう。では、誰もが目指す「メジャーリーグ」という舞台の一員になった選手や、あと一歩までたどり着いた選手たちが、あえて日本でのプレーを選択するのは何故だろうか?

人気記事ランキング