野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 投手の打順で無念降板の前田健太「指揮官は本人に理由説明せず」と地元紙

投手の打順で無念降板の前田健太「指揮官は本人に理由説明せず」と地元紙

20日(日本時間21日)に開催されたナ・リーグ優勝決定シリーズ第5戦は、中地区1位カブスが西地区1位ドジャースを8-4で下した。対戦成績2勝2敗で迎えた地元ロサンゼルスでの大一番で、ドジャース先発を務めたのは前田健太投手だった。

20161021_maeda

試合前は前田に全幅の信頼を寄せた指揮官だったが…

 20日(日本時間21日)に開催されたナ・リーグ優勝決定シリーズ第5戦は、中地区1位カブスが西地区1位ドジャースを8-4で下した。対戦成績2勝2敗で迎えた地元ロサンゼルスでの大一番で、ドジャース先発を務めたのは前田健太投手だった。だが、1点ビハインドの4回2死一,二塁、打席にカブス先発左腕レスターを迎えたところで、まさかの降板。前田自身「ビックリした」という交代劇の理由について、ロバーツ監督は記者会見で説明したが、本人に説明はなかったという。地元紙「ロサンゼルス・タイムス」電子版が伝えている。

 地区シリーズ第3戦、リーグ優勝決定シリーズ第1戦に続き、今プレーオフで3度目の先発マウンドに上がった前田は、この日も早期降板を強いられた。これまで2戦では、合計7イニングで9安打6奪三振6四死球で7失点。いずれの試合もチームは黒星を喫していた。

 2勝2敗の5分で臨んだ第5戦は、勝った方がワールドシリーズ進出に王手が掛かる大事な一戦。地元メディアは、状況次第でエース左腕カーショーを投入する可能性も伝えたが、ロバーツ監督は「彼がマウンドに上がる試合は安心できる」と、前田に全幅の信頼を寄せて決戦のマウンドに送り出していた。

 だが、いざ試合が始まると、今季1年目の右腕は初回から1点を失い、形勢を不利にした。それでも2回と3回はカブス打線を圧倒。4回に二塁打と死球で無死一、二塁のピンチを招きながらも、続く2打者を抑え、あと1死でピンチ脱出という場面だった。ここで打席に迎えたのは、敵の先発左腕レスター。すると、指揮官は前田の降板に踏み切った。

人気記事ランキング