野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

日本Sの行方は…鍵握る広島打線の出来、栗山采配は「神がかってる」以上!?

日本シリーズが22日に開幕する。2位に17.5ゲーム差をつける独走Vを飾った広島と、最大11.5ゲーム差を大逆転した日本ハムが、順当にクライマックスシリーズ(CS)を突破。まさに、今季のセ・パ最強チームが激突する頂上決戦となる。

20160224_kuriyama

日本ハムが有利? 最大の理由は二刀流右腕の存在「それだけ大谷は異次元」

 日本シリーズが22日に開幕する。2位に17.5ゲーム差をつける独走Vを飾った広島と、最大11.5ゲーム差を大逆転した日本ハムが、順当にクライマックスシリーズ(CS)を突破。まさに、今季のセ・パ最強チームが激突する頂上決戦となる。

 本拠地で第1戦を迎える広島は左腕のクリス・ジョンソン投手が先発。一方、日本ハムは日本球界の歴史を塗り替え続ける二刀流右腕・大谷翔平投手がマウンドに上がる。「エース対決」の勝敗は、シリーズの行方を大きく左右することになりそうだ。

 広島が日本一なら32年ぶり、日本ハムなら10年ぶりとなるが、どちらが有利なのか。ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団でプレーした野球解説者の野口寿浩氏は「単純にCSの戦い方を見ていると、日本ハムが有利かなと思います」と予想した。

 今季の広島は圧倒的な打力でセ・リーグを制した。破壊力のある打線については野口氏もシーズン中から高く評価していたが、CSでは決して状態は良くなかったと見ている。リードオフマンの田中が打率.833、出塁率.882という圧巻の活躍を見せたが、丸は.154、菊池は.167と打率1割台。今季ブレークした鈴木はわずか1安打で打率.083だった。新井(.250)とエルドレッド(.222)も打率2割台だが、勝負強いタイムリーや貴重な一発でチームを勝利に導いた。

「田中は大当たりしましたけど、他の選手はそうでもなかった。ここぞという時につながったから勝ちましたけどね。もちろん、その点は『さすが広島』でしたけど、日本ハムのピッチャー陣がそれを許すかどうか。申し訳ないですが、CSで対戦したDeNAのピッチャーと日本ハムのピッチャーを比べると、日本ハムの方が上でしょう。CSファーストステージで巨人と3試合を戦ったDeNAは、ファイナルステージでは第1戦から『裏ローテ』が投げましたし。ただ、広島打線は(1番手の)井納には(第3戦で)抑え込まれた。日本ハムには、井納のようなピッチングを出来る投手が何人かいますからね。

 やはり気になるのは丸、菊池、あとは鈴木ですね。鈴木の最終戦のヒットは『おっ』と思わせたヒットではありましたけど、あれでシリーズが終わってしまったので。その翌日も試合があれば、3安打くらいしたかもしれませんが、(感覚を)つかみかけたところで終わってしまったのが、彼個人としては痛かったかなと。当然、チームは勝ってよかったでしょうけど」

人気記事ランキング