野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 「地に足が着いていた」広島が先勝 日ハム大谷の投球には「雨が影響」

「地に足が着いていた」広島が先勝 日ハム大谷の投球には「雨が影響」

22日の日本シリーズ第1戦(マツダスタジアム)は、広島が5-1で日本ハムに快勝した。日本最速165キロを誇る二刀流右腕・大谷から重盗と2本塁打で3点を奪取。ジョンソンは7回途中9失点ながら1失点と粘りの投球を見せ、救援陣も無失点リレーを見せるなど、投打ががっちりと噛み合った。

20160605_ohtani

マウンドのぬかるいで露呈したパワーピッチャーゆえの“弱点”

 22日の日本シリーズ第1戦(マツダスタジアム)は、広島が5-1で日本ハムに快勝した。日本最速165キロを誇る二刀流右腕・大谷から重盗と2本塁打で3点を奪取。ジョンソンは7回途中9安打ながら1失点と粘りの投球を見せ、救援陣も無失点リレーを見せるなど、投打ががっちりと噛み合った。

 戦前の予想では日本ハム有利の声がやや多かったが、2位に17.5ゲーム差をつけてセ・リーグ独走Vを果たした広島が先勝。最強左腕ジョンソンとの投げ合いで、難攻不落と見られていた大谷は本来の出来ではなかった。

 ヤクルト、日本ハム、阪神、横浜の4球団で捕手としてプレーした野球解説者の野口寿浩氏は、6回5安打3失点11奪三振4四球で敗戦投手となった大谷について「本調子ではなかった。雨がかなり影響していたように思います」と指摘した。

 この日の広島は日中から雨が振り続け、試合が始まってからも小雨がちらつく天候。当然、マウンドにもぬかるみがあった。そこで大谷の“弱点”が露呈したという。

「マウンドがぬかるんでいたので、上と下のバランスが崩れてしまっているように見えました。あれだけのパワーピッチャーでなければ、そこまで影響はしないでしょうけど、大谷は踏み込む左足を恐る恐る着いているような感じでした。いつもはすごく左足に力が入っていて、投げた後にぐっと引いて跳ね上がるような感じなのに、それがなかった。おとなしくポンポンと着いている感じでした。

 松山とエルドレッドに一発を浴びましたが、大谷が直球をあんな形でホームランにされるなんてことはほとんどないですよね。実際にスピードガンの数字も出ていなかった。今までドーム球場で投げることが多かったけど、環境適応能力にはまだ課題があるのかなという感じでした。上(半身)と下(半身)のタイミングが、札幌ドームで投げている大谷と違うように見えました」

人気記事ランキング