野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 「もう1回花咲くと思う」 元投手コーチがG杉内の復活予告、その理由とは?

「もう1回花咲くと思う」 元投手コーチがG杉内の復活予告、その理由とは?

10年連続でクライマックスシリーズ(CS)進出を果たしながらも、ファーストステージでDeNAの前に敗退してしまった巨人。就任1年目の高橋由伸監督の下、リーグ2位という成績を残したが、常勝軍団に求められることは日本一になることだろう。

20161024_kawaguchi

股関節手術から復帰を目指す35歳左腕、元G投手コーチ・川口和久氏の見解は?

 10年連続でクライマックスシリーズ(CS)進出を果たしながらも、ファーストステージでDeNAの前に敗退してしまった巨人。就任1年目の高橋由伸監督の下、リーグ2位という成績を残したが、常勝軍団に求められることは日本一になることだろう。日本シリーズ優勝という命題を達するために一つのカギとなるのが、先発左腕の強化。ドラフトやフリーエージェント(FA)での補強も可能だが、忘れてはならない存在がある。昨年10月、右股関節の手術を受けたベテラン左腕・杉内俊哉だ。

 現役野球選手としては過去に症例の少ない手術を受けた杉内は、長いリハビリ生活を終えた後、今年7月19日、3軍戦で約1年ぶりにマウンド復帰。その後は2軍で登板を重ね、1軍復帰を目指している。通算142勝を誇る35歳左腕は無事復活を果たし、来季巨人の重要な戦力として勝利に貢献することができるのだろうか。杉内がソフトバンクから巨人へFA移籍した2012年、投手コーチとして、その才能に触れた川口和久氏は「もう1回花は咲くと思いますよ」と、期待を込める。

 杉内が受けたのは、股関節の形成手術。アメリカでは、元広島のコルビー・ルイス投手が2013年に同様の手術を受けた。メジャーでも現役中に同手術を受けた選手は少なく、前例が少ないとされているが、ルイスは翌2014年にメジャーのマウンドに復帰。現在もレンジャーズ先発ローテの一角としてプレーし続けている。例のない手術を受けることになった背景には、杉内の体が持つ特徴が関係するのではないか、と川口氏は見る。

人気記事ランキング