野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • テレビ出演はステータスの象徴? 日米で見られるアスリートの露出の違い

テレビ出演はステータスの象徴? 日米で見られるアスリートの露出の違い

日本ではオフになるとさまざまな番組にプロ野球選手が出演する機会が多くなる。その番組内容は多岐に渡り、スポーツニュースの1コーナーからバラエティ番組まで色んな役割でのテレビ出演を数多く目にする。

20161028_pence

テレビ番組出演に見る日米野球選手の違い

 日本ではオフになるとさまざまな番組にプロ野球選手が出演する機会が多くなる。その番組内容は多岐に渡り、スポーツニュースの1コーナーからバラエティ番組まで色んな役割でのテレビ出演を数多く目にする。今まではプロ野球に興味のなかった人たちがそこで初めて選手のことを知り、それがきっかけで球場に足を運ぶということにつながるということもあるだろう。

 日本で最近増えているのは芸能事務所がプロアスリートのマネジメントをしているケースである。オフのバラエティ番組でのテレビ出演が増えている理由は、そのことが関係しているように思う。

 また、選手個人だけではなく、一般社団法人プロ野球選手会主催で開催されるバトルスタジアムという場も存在する。こちらはチケットを購入したファンが観覧できるイベントではあるが、後日テレビでも放送されるため“テレビ向け”の要素も含まれている。昨年も各球団から3選手ずつが出場し、パ・リーグからも北海道日本ハムの大谷選手や、埼玉西武の秋山選手、福岡ソフトバンクの松田選手などリーグを代表する選手たちが参加した。

 グラウンド上では見ることができない選手の素顔や意外な一面を提供することでプロ野球の価値を高め、興味を持ってもらうことも一つの形であることは間違いない。一方メジャーリーグの選手たちは日本のプロ野球選手たちのようなテレビ出演をする者はいるのだろうか?

人気記事ランキング