野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • MVP左腕の異例のトレード 吉川、大田ら4選手は新天地で活躍なるか

MVP左腕の異例のトレード 吉川、大田ら4選手は新天地で活躍なるか

日本一の余韻も残る中、北海道日本ハムが大型トレードを敢行した。

20161103_isihikawa

日ハムと巨人の思惑が一致、巨人に心強い先発投手の加入

 日本一の余韻も残る中、北海道日本ハムが大型トレードを敢行した。北海道日本ハム・吉川光夫投手、石川慎吾外野手と、巨人・大田泰示外野手、公文克彦投手の2対2の交換トレードが2日、両球団から発表された。長打を打てる右打者を探していた北海道日本ハムと、投手陣の強化を目指していた巨人の思惑が一致した。

 吉川は2006年にドラフト1位で北海道日本ハムに入団。田中将大投手、坂本勇人内野手らの「プラチナ世代」のひとりとしてルーキーイヤーから1軍で活躍した。その後数年は伸び悩んだが、リーグ優勝を果たした2012年、14勝を挙げて最優秀選手賞を獲得するなどブレイク。今季は7勝6敗だったが、中継ぎもこなし、初セーブも記録するなどチームに貢献した。「10年間、ファイターズには本当にお世話になりました。また、ファンの皆さんに対しては感謝の気持ちしかありません。これからも応援していただければ嬉しいです」とコメントした。

 巨人は今季、2桁勝利は10勝の田口投手ひとりで、優勝した広島に大きく離された原因となっただけに、先発として計算できる左腕の加入は心強いだろう。

 新しく北海道日本ハムに加入が決まったのは大田。2008年、こちらもドラフト1位で巨人に入団すると、チームの大先輩だった松井秀喜氏の背番号「55」を託されるなど大きな期待を背負った。年を追うごとに、1軍の試合出場数は増え、今季は自己最多の62試合に出場。本塁打も最多の4本を放った。

人気記事ランキング