野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • 【U-23W杯】侍ジャパン、4番の犠打からサヨナラで決勝進出 斎藤監督「必ず世界一に」

【U-23W杯】侍ジャパン、4番の犠打からサヨナラで決勝進出 斎藤監督「必ず世界一に」

侍ジャパンU-23代表は5日(日本時間6日)、「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」で決勝進出を決めた。試合後、斎藤監督は「いいピッチャーはそうは打てませんから、当然こういうロースコアのゲームになるのは分かっていた。守り勝ちということだと思いますね」と振り返った。

20161106_saito

投手戦も相手失策での勝利に「守り勝ち」、初代王者の座かけて7日に豪州戦

 侍ジャパンU-23代表は5日(日本時間6日)、「第1回 WBSC U-23ワールドカップ」で決勝進出を決めた。スーパーラウンド最終戦で開催国メキシコに3-2でサヨナラ勝利。オープニングラウンドで得たアドバンテージ2勝を含む4勝1敗でファイナルへ駒を進めた。6日(同7日)に行われる決勝戦では、初代王者の座をかけてオーストラリアと対戦する。

山本昌氏が見る侍ジャパン強化試合メンバー「僕は過去最強だと思う」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 日本は5回に相手のミスで2点を先制するも、好投を続けていた先発・青山(オリックス)が7回に同点2ランを被弾。試合は振り出しに戻った。しかし、8回から2番手・岸本(中日)が気持ちのこもった投球で2イニングを無失点に抑えると、9回裏にチャンスが訪れた。

 日本は先頭・乙坂(DeNA)が三ゴロ失策で出塁。続く打者は4番・真砂(ソフトバンク)。今大会3本塁打の主砲は、ここでバントを決めた。続く山下(DeNA)は敬遠四球。続く主将の三好(楽天)は投ゴロも、相手投手の送球を二塁手が捕球できず、乙坂が生還。相手のエラーで決着がついた。

 試合後、斎藤監督は「いいピッチャーはそうは打てませんから、当然こういうロースコアのゲームになるのは分かっていた。守り勝ちということだと思いますね」と振り返った。1点をもぎ取った9回は、真砂がバントをきっちりと決めたことでチャンスを拡大。雨が降るなどコンディションが悪い中、相手にプレッシャーをかけた。

人気記事ランキング