野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

5位転落のヤクルトに世代交代の波 松坂世代の剛腕&柱のベテランが戦力外

昨季の14年ぶりリーグ制覇から2連覇を狙ったヤクルトは今季、故障者に苦しみ、64勝78敗1分けでリーグ5位に沈んだ。今オフは7投手、1捕手、2内野手、2外野手がユニホームを脱ぐこととなった。

20161007_arakaki

2連覇を狙うも64勝78敗1分け、11年ドラ1にも非情通告

 昨季の14年ぶりリーグ制覇から2連覇を狙ったヤクルトは今季、故障者に苦しみ、64勝78敗1分けでリーグ5位に沈んだ。

侍ジャパン強化試合は13日が最終戦 打線を固める材料は得られるか(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今オフは7投手、1捕手、2内野手、2外野手がユニホームを脱ぐこととなった。12年目の田中浩康内野手は球団から指導者転向の打診を受けたが、本人は現役続行を希望。松坂世代を代表する投手の1人・新垣渚は若返りを図るチームの構想から外れて退団に。同じく現役続行を希望している。14、15年と選手会長を務めた森岡良介内野手は今季限りでの現役引退を表明した。

 ここで引退、戦力外となった主な選手を振り返ってみたい。

○田中浩康
プロ12年目。通算1195試合出場、打率.270、30本塁打、328打点。

 04年ドラフト自由獲得枠でヤクルト入り。レギュラーを獲得した07年から6年連続で100安打以上をマーク。11年には2番打者としてプロ野球歴代3位のシーズン62犠打に成功。プロ通算では293犠打を決めている。守備では12年にセ・リーグ二塁手部門でゴールデングラブ賞を受賞。07、12年と2度のベストナインにも輝いた。堅実な打撃と守備で正二塁手として長年活躍していたが、山田哲人の台頭もあり、13年から出場機会が減少。FA宣言をした上で残留を決めた今季は31試合出場で打率.188、1打点だった。今後は他球団での現役続行を目指す。

○新垣渚
プロ14年目、通算172試合登板、64勝64敗、防御率3.99。

 2002年ドラフトで自由獲得枠でダイエー(ソフトバンク)入り。150キロ超の剛速球とスライダー、フォークを武器とし、2年目の04年から11勝、10勝、13勝と3年連続2桁勝利をマークした。07年にはプロ野球記録となる25暴投を記録し、「暴投王」と呼ばれた。14年途中からヤクルトにトレードで移籍し、15年は先発の一角として3勝を挙げてリーグ優勝に貢献した。今後は他球団での現役続行を希望している。

人気記事ランキング