野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

WBCでは「打者・大谷」をどう起用? 小久保監督は“悲鳴”「悩みしかない」

野球日本代表「侍ジャパン」は10~13日までメキシコ代表、オランダ代表との強化試合(東京ドーム)を行い、3勝1敗で全日程を終えた。この4試合で最大の衝撃を残したのは、野手限定で招集されていた大谷翔平(日本ハム)だろう。二刀流の衝撃的な活躍を受け、小久保裕紀監督は来春のWBC本番に向けて「全くうれしくない。悩みしかない」と“嬉しい悲鳴”を上げた。

20161114_ohtani2

強化試合で一挙6得点を呼ぶ特大弾、稲葉コーチも「非常に大きな一発だった」

 野球日本代表「侍ジャパン」は10~13日までメキシコ代表、オランダ代表との強化試合(東京ドーム)を行い、3勝1敗で全日程を終えた。この4試合で最大の衝撃を残したのは、野手限定で招集されていた大谷翔平(日本ハム)だろう。二刀流の衝撃的な活躍を受け、小久保裕紀監督は来春のWBC本番に向けて「全くうれしくない。悩みしかない」と“嬉しい悲鳴”を上げた。

世界各国の戦力拮抗が見えた強化試合 侍ジャパン小久保監督「去年から感じていた」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 大谷は「3番・DH」で出場した11日のメキシコ戦は、同点で迎えた5回先頭で快足を飛ばして一塁内野安打で出塁すると、直後に二盗に成功。内川の一ゴロの間に三塁に進み、筒香の一ゴロで勝ち越しのホームを踏んだ。敵将のエドガー・ゴンザレス監督を「彼のスピードには非常に驚かされました」と驚嘆させるなど、スピードで日本に勝利を呼び込んだ。

 さらに、「6番・DH」で先発した12日のオランダ戦は5打数2安打1打点と活躍。4点を追う5回に先頭で右中間最深部へ運ぶ特大ソロ弾を放つと、試合の雰囲気が一変し、チームはこの回一挙6得点で逆転した。13日のオランダ戦でも、7回先頭で代打で登場し、大飛球がドーム天井の隙間へ入る衝撃の一打。二塁打でチャンスメークし、再び一挙6得点の猛攻を呼んだ。その飛距離に東京ドームが2夜連続でどよめきに包まれ、稲葉打撃コーチは「あの一発が球場の雰囲気を変えてくれた。非常に大きな一発だった」と絶賛していた。

 今回の強化試合では、初めから打者としての起用が決まっていた大谷。しかし、来年のWBC本番ではエース右腕としても大きな期待がかかる。つまり、野手として毎試合出場するわけにはいかない。

人気記事ランキング