野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • デビュー戦で本塁打の前田健太、「2016年最高の打撃を見せた投手」の一人に

デビュー戦で本塁打の前田健太、「2016年最高の打撃を見せた投手」の一人に

ドジャースの前田健太投手はメジャー1年目の今季、32試合登板で16勝11敗、防御率3.48という好成績を残した。怪我人続出のチームでただ1人、先発ローテーションを守り、地区優勝に大きく貢献。圧巻の活躍を見せた同僚のシーガーが新人王に輝いたものの、日本人右腕も最終候補3人に名を連ねた。

20161117_maeda

MLB公式サイトが特集、前田のデビュー弾が真っ先に登場

 ドジャースの前田健太投手はメジャー1年目の今季、32試合登板で16勝11敗、防御率3.48という好成績を残した。怪我人続出のチームでただ1人、先発ローテーションを守り、地区優勝に大きく貢献。圧巻の活躍を見せた同僚のシーガーが新人王に輝いたものの、日本人右腕も最終候補3人に名を連ねた。

 また、投球同様に鮮烈な印象を残したのが、日本時代から定評のあった打撃だ。メジャーデビューを飾った4月6日のパドレス戦、前田は4点リードの4回1死走者なしで打席に立ち、右腕キャッシュナーのスライダーをレフトスタンドに運んだ。この一発が、MLB公式の動画サイト「Cut4」の「2016年最高の打撃を見せた投手」と題した特集で、真っ先に紹介されている。

 記事では導入部分で「今シーズン、投手たちはダイヤモンド・バックスのスラッガーである、ポール・ゴールドシュミットと並ぶ、計24本の本塁打を放った。打席数はゴールドシュミットの7.5倍以上だが…24本塁打は24本塁打だ!」と指摘。「投手が打席で輝くことは滅多にない。しかし、2016年の素晴らしい打撃をしばし、振り返ってみよう」と特集をスタートさせている。

 その筆頭で挙げられているのが、前田の“メジャー1号”。動画とともに、以下のように振り返っている。

「今シーズン、8人の新人MLB選手が本塁打を放った。最も驚くべきことは、ドジャースのケンタ・マエダがその中に含まれていることだ。4月6日、マエダはデビューを果たした。そして4回の表、彼はパドレスのアンドリュー・キャッシュナー投手から初本塁打を放った。マエダはこの試合で6回完封、MLB初勝利を手にした」

人気記事ランキング