野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 日本球界復帰の日ハム村田透は輝けるか 主な“逆輸入投手”の成績は?

日本球界復帰の日ハム村田透は輝けるか 主な“逆輸入投手”の成績は?

今季インディアンス傘下3Aに所属した村田透投手が日本ハムと契約合意したことが発表された。NPBで1軍登板のない村田はいわば“逆輸入投手”。そんな31歳右腕は果たして輝けるのか?ここで主な“逆輸入投手”の成績を振り返ってみたい。

20161120_tadano

過去にもいた米国からの“逆輸入投手”、日本球界で活躍できたのは?

 今季インディアンス傘下3Aに所属した村田透投手が日本ハムと契約合意したことが発表された。2007年大学・社会人ドラフト1巡目で巨人に入団したものの、1軍登板を果たせないまま2010年オフに戦力外に。その後、インディアンスとマイナー契約を結び、単身渡米。2011年からプレーし続けてきた。

 ルーキーリーグから這い上がり、昨年は3Aで15勝を挙げて最多勝をマーク。同6月28日には念願のメジャーデビューも果たし、オリオールズ戦に先発して3回1/3を投げ、4安打5失点(自責3)。敗戦投手となった。

 メジャーでは1試合の登板にとどまったが、マイナーでは通算164試合の登板で46勝(28敗)。今回は日本一球団との契約が合意に達し、来季7年ぶりに日本復帰することが決まった。NPBで1軍登板のない村田はいわば“逆輸入投手”。そんな31歳右腕は果たして輝けるのか?ここで主な“逆輸入投手”の成績を振り返ってみたい。

◯村上雅則投手(NPB→MLB→NPB)
MLB成績 54試合登板、5勝1敗9セーブ、防御率3.43
NPB成績 566試合登板、103勝82敗30セーブ、防御率3.64

 1963年に高校在学中に南海と契約し、3試合に登板。64年にジャイアンツ傘下1Aフレズノに野球留学で派遣され、日本人初のメジャー昇格を果たすと、2年間で通算54試合に登板。日本人として初勝利、初セーブ、初安打などを記録した。66年から南海に復帰し、70年から3年連続2桁勝利をマーク。その後、阪神、日本ハムとトレード移籍し、通算566試合に登板した。

人気記事ランキング