野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • MLB復帰なら総額20億円も…韓国の助っ人本塁打王が「日本球団と契約狙う」!?

MLB復帰なら総額20億円も…韓国の助っ人本塁打王が「日本球団と契約狙う」!?

野球界はストーブリーグ真っ只中。メジャーでも日本球界でも、そして韓国球界でもフリーエージェント(FA)選手の去就や、トレードなどの戦力補強に注目が集まっている。

20161121_thems

2季連続40本塁打超え「まるでカートゥーンのような数字」と米メディア

 野球界はストーブリーグ真っ只中。メジャーでも日本球界でも、そして韓国球界でもフリーエージェント(FA)選手の去就や、トレードなどの戦力補強に注目が集まっている。近年、姜正浩(パイレーツ)や李大浩(マリナーズFA)、金賢洙(オリオールズ)らをメジャーに輩出し、“野手の発掘先”として注目を浴びる韓国球界からは、ロッテ・ジャイアンツの孫児葉外野手がポスティング制度を利用してメジャー移籍を目指すと報じられている。それと同時に関心を集めているのが、韓国球界で2季連続40ホームランを記録した“助っ人外国人”エリック・テムズの去就だ。

侍ジャパンで頭角現す武田翔太、一流選手が集うチームで感じることとは(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2013年オフにNCダイノスと契約したテムズは、1年目の2014年は打率.343、37本塁打、121打点と好成績を記録。さらに、2年目の昨季は打率.381、出塁率.497、47本塁打、140打点、40盗塁で、見事MVPを獲得。1シーズンで2度のサイクルヒットも記録し、一塁手としてゴールデングラブ賞も受賞するなど、大車輪の活躍だった。今季もその勢いはとどまることなく、打率.321、40本塁打、121打点をマーク。もちろん、この活躍ぶりを見逃さないのが、メジャー球団のスカウトたちだ。

 米スポーツ専門局「ESPN」のジェリー・クラスニック記者は「韓国でセンセーション、エリック・テムズはMLB復帰できるか?」と題した特集記事を執筆。その中で、韓国での活躍ぶりを「カートゥーンのような数字。日本でのタフィ・ローズやウラディミル・バレンティンの成功を思い出させる」と表現している。

人気記事ランキング