野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

SBドラ1田中、入団会見で明かした大きな目標 「沢村賞を取れる投手に」

22日に行われたソフトバンクの新入団選手発表会見。育成を含む10選手が並ぶ壇上で、一番の注目を集めたのは、やはりドラフト1巡目指名の田中正義(創価大)だった。

20161122_tanaka

指揮官から即戦力の期待に「開幕から1軍でやれるように」

 22日に行われたソフトバンクの新入団選手発表会見。育成を含む10選手が並ぶ壇上で、一番の注目を集めたのは、やはりドラフト1巡目指名の田中正義(創価大)だった。

「沢村賞が取れる投手になれるように」

 冒頭の自己紹介で、田中はそう言い切った。

「ピッチャーをやらせてもらっている以上は取りたい」と、プロ野球の投手にとっての最高の名誉を狙うことを宣言。工藤公康監督も「縁あってホークスに入ってくれた。沢村賞を早く取れるようにがんばってほしい」と、自らが引き当てた即戦力右腕にエールを送った。
 
「パ・リーグはいいバッターが多い。特に(日本一の)日本ハムのバッターは脅威ですが、何とか抑えられるようにしたい。対戦したいバッターは、本来なら大谷(翔平)くんと言うべきでしょうが、そんなおこがましいことは言えないので、プロ全員です」

人気記事ランキング