野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュのレ軍、MLB屈指の先発ローテに? 補強へ「完璧なタイミング」

ダルビッシュ有投手が所属するレンジャーズの補強候補として、MLB公式サイトが28歳の快速右腕クリス・アーチャー(レイズ)の獲得を“猛プッシュ”している。すでにFAとなっていたアンドリュー・キャッシュナー投手を獲得したレンジャーズだが、以前から噂のあった“アーチャー獲り”が実現すれば、悲願のワールドシリーズ制覇に向けて大きな戦力アップとなりそうだ。

20161008_darvish5

キャッシュナー獲得も「十分ではない」、アーチャーをトレードで補強?

 ダルビッシュ有投手が所属するレンジャーズの補強候補として、MLB公式サイトが28歳の快速右腕クリス・アーチャー(レイズ)の獲得を“猛プッシュ”している。すでにFAとなっていたアンドリュー・キャッシュナー投手を獲得したレンジャーズだが、以前から噂のあった“アーチャー獲り”が実現すれば、悲願のワールドシリーズ制覇に向けて大きな戦力アップとなりそうだ。

 米国では24日がサンクスギビングデー(感謝祭)で、MLB公式サイトはホリデーシーズンの到来とともに、各球団が望むであろう補強プランを紹介。レンジャーズの欄で、今オフにレイズからのトレード放出候補として名前が挙がることの多いエース右腕アーチャーの獲得をするべきだと“進言”している。

「ダルビッシュが恐らく2017年シーズン後にFAとなることを考えると、今はハメルズとダルビッシュに続く剛腕投手を獲得する上で完璧なタイミングだ。アンドリュー・キャッシュナーとの1年契約は、ローテーションの課題を埋めるうえでは十分とは言えない」

 レンジャーズは来季もダルビッシュと左腕ハメルズの2人が「2枚看板」になると見られている。右腕ルイス、左腕ホランドがFAとなり、左腕ペレス、新加入の右腕キャッシュナーらが「2枚看板」とともに先発ローテを形成する形となるが、記事では「十分ではない」と指摘。アーチャーは今季、援護に恵まれず防御率4.02でリーグ最多黒星の19敗(9勝)を喫したものの、昨季はサイ・ヤング賞投票で5位に入るなど実力は確かだ。ローテに加えることができれば、大きな上積みとなる。

人気記事ランキング