野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム大谷、二刀流“満喫”でMVP 「『休みたい』というのは全くなかった」

日ハム大谷、二刀流“満喫”でMVP 「『休みたい』というのは全くなかった」

2016年度のプロ野球年間表彰式「NPB AWARDS 2016」が28日、都内のホテルで行われ、日本ハムの大谷翔平投手がパ・リーグ最優秀選手(MVP)を初受賞した。二刀流右腕は投球回、打席ともに規定は届かなかったものの、投打で際立った活躍を見せ、プロ4年目で初のシーズンMVPに。受賞会見では時折笑顔を交えて振り返った。

20160501_ohtani

4年目で初のMVPも「もっと良くなる」…「そういう自分に期待している」

 2016年度のプロ野球年間表彰式「NPB AWARDS 2016」が28日、都内のホテルで行われ、日本ハムの大谷翔平投手がパ・リーグ最優秀選手(MVP)を初受賞した。

 投手では21試合登板、10勝4敗、勝率.714、防御率1.86、174奪三振。打撃では104試合出場で、打率.322、104安打、22本塁打、67打点、7盗塁を記録した。

 二刀流右腕は投球回、打席ともに規定は届かなかったものの、投打で際立った活躍を見せ、プロ4年目で初のシーズンMVPに。受賞会見では時折笑顔を交えて振り返った。

――今の率直な気持ちは?

「日本一になれて、そこを評価して頂いたのかなという気持ちです。個人的にすごくうれしいです」

――喜びを誰に伝えたいか?

「優勝しないと取れないという思いがある。栗山監督はもちろん、シーズン中に一緒に戦ってきた選手、裏方の方、ファンの方も、みんなに感謝したいです」

――納得出来るパフォーマンス、成績はあるか?

「規定には乗っていないですけど、防御率は今までで一番良かった。そこが良かったかなと思います」

人気記事ランキング