野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

2年連続2桁勝利、侍ジャパンでも期待大 ホークス武田翔太が語る“現在地”

今季は自己最多の14勝をマークし、2年連続2桁勝利でソフトバンクの右のエース格に成長した武田翔太。防御率(2.95)や投球イニング数(183回)なども向上しているが、チームが確実視されていたリーグ優勝を逃したこともあり、本人に満足した様子はなかった。侍ジャパンでも期待を寄せられている若き右腕に、自身の“現在地”について語ってもらった。

20161129_takeda

ホークスで右のエース格に成長した右腕が激白、見据える今後の進化は「体をデカく」

 今季は自己最多の14勝をマークし、2年連続2桁勝利でソフトバンクの右のエース格に成長した武田翔太。防御率(2.95)や投球イニング数(183回)なども向上しているが、チームが確実視されていたリーグ優勝を逃したこともあり、本人に満足した様子はなかった。侍ジャパンでも期待を寄せられている若き右腕に、自身の“現在地”について語ってもらった。

――今シーズン、ソフトバンクはレギュラーシーズンで3連覇を逃しました。武田さんは自己ベストの成績を残していますが、どんな1年でしたか。

「責任を感じているところもありますし、勝てるところで勝てなかったという試合が、結構多かったので。まあ悔しいなというのはありますね」

――数字を見ると、極端に落ち込んだ月もないですし、年間を通して安定した成績を残したように見えます。

「勝てるところを勝てなかったのが、一番デカいと思います。シーズンを通しての数字は上がったけど、落としてはいけないところで落としてしまったということですね」

――具体的にどの試合、と言うと。

「やっぱり後半戦ですね。最後の9月22日の日ハム戦(5回3失点)とか、大事なところだったので。あとは9月6日のオリックス戦(7回途中をを2失点)もそうですね。西さんとは、今年は何度も対戦していて、お互いに『またかよ、もうやめてよ』って感じでしたね」

人気記事ランキング