野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 中田の“世話役”日ハム杉谷が二塁レギュラー獲り宣言「常にそばにいたい」

中田の“世話役”日ハム杉谷が二塁レギュラー獲り宣言「常にそばにいたい」

日本ハムの杉谷拳士内野手が、2日に札幌市内の球団事務所で現状維持の年俸2450万円で一発サインした。毎年恒例の笑いあふれる会見では、不動の4番・中田翔への“愛”を語った。

20160215_sugiya

中堅・陽の退団確実も「僕はセカンドのポジションを取りたい思いがある」

 日本ハムの杉谷拳士内野手が、2日に札幌市内の球団事務所で現状維持の年俸2450万円で一発サインした。毎年恒例の笑いあふれる会見では、不動の4番・中田翔への“愛”を語った。

 今季は開幕直後の4月上旬に右手首を骨折。約2か月の離脱を余儀なくされ、62試合出場で打率.240。前年から成績を落としたものの、スイッチヒッターで内外野を守れるユーティリティープレーヤーとして評価された。

「出だしで怪我をして、ふがいないスタート。なんとか巻き返そうと思いましたけど、うまくいかずに1年間苦しいシーズンになりました。成績が落ちている中で、僕らしくやってくれたと評価してもらいました。ダウンだと思っていたので、多少なりとも良かったです」

 来季中のレギュラー奪取への思いは熱い。絶対的な中堅手だった陽岱鋼が他球団への移籍を前提としてFA宣言。ポジションが1つ空いた形だが、杉谷の狙いは「セカンド」だという。

「僕はセカンドのポジションを取りたい思いがある。17年は田中賢介さんに挑戦状、『あいつセカンド来たな』と思わせないといけない。(陽の退団で)絶対的な選手が抜けて、外野を目指すのは近道かと思うが、将来的な野球人生を見たら。17年は優勝を目指すのは当たり前ですけど、その輪の中心でプレーしたいです」

人気記事ランキング