野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 来季日本ハムの守護神は誰に? マーティン、増井、谷元で激戦区に

来季日本ハムの守護神は誰に? マーティン、増井、谷元で激戦区に

増井浩俊、谷元圭介の両投手が2日に札幌市内の球団事務所で契約更改に臨み、増井は現状維持の2億2000万円プラス出来高、来季9年目を迎える谷元は大台となる2800万増の年俸1億円でサインした。

20160217_masui

今季途中に先発転向の増井「まだ抑えでやれると思いますし、やりたい」

 増井浩俊、谷元圭介の両投手が2日に札幌市内の球団事務所で契約更改に臨み、増井は現状維持の2億2000万円プラス出来高、来季9年目を迎える谷元は大台となる2800万増の年俸1億円でサインした。その後の会見では2人そろって守護神奪取を宣言。今季途中から抑えだったマーティンを含め、来季は激しい争いとなりそうだ。

 増井は開幕から抑えを任されたが、防御率6点台と不振に陥って先発転向。8月中旬から先発7連勝を記録するなど逆転Vの原動力となった。それでも、来季のポジションを問われると、ストッパーへの思いを打ち明けた。

「ゲームの最後にいないのは悔しかった。先発で勝っている間は、自分のやっていることではないような気がした。1年を通して悔しかった。まだ抑えでやれると思いますし、やりたい。先発転向してから、より一層その思いが強くなった。来季は抑え一本でやるつもりで契約した」

 この日の契約更改でついた出来高の条件も、抑え投手の場合のみ。栗山英樹監督に直談判する覚悟だ。

「先発に転向して新たに気付いたこともありましたし、今までの自分と先発の自分といいところをとってクローザーを1年間で来たらいい。ストレートを恐れずに投げることと、マウンドでの余裕。序盤はなかったことなので、余裕を持って投げられれば抑えられると思います。抑えとしてチームの戦力となって日本一になりたい」

人気記事ランキング