野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • 改めて注目されるイチロー移籍の衝撃 ヤンキースへのトレードは「彼はいかに無私無欲であるかを示した」

改めて注目されるイチロー移籍の衝撃 ヤンキースへのトレードは「彼はいかに無私無欲であるかを示した」

その他6つの衝撃的なトレードは?

 ちなみに、イチロー以外の衝撃的なトレードとして挙げられたのは、以下の通りだ。

 1番目は1982年のライン・サンドバーグのフィリーズ→カブスの移籍。当時、スター選手だったラリー・ポーワの後釜として期待され、1981年にメジャーデビューを果たしたばかりのスター候補生が、翌年にポーワとともにカブスに出された。不釣り合いなトレードだったこともあり、ファンの失望も大きかったという。サンドバーグはカブスでスーパースターとなり、野球殿堂入りも果たした。

 2番目はバーノン・ウェルズのトレード。ブルージェイズのスター外野手は、2011年にエンゼルスにトレードされた。驚きだったのは、明らかに衰えが目立ってきていたウェルズが、4年8600万ドル(約100億円)の巨額契約を残していたことだろう。エンゼルスはそのほとんどを引き受け、「最悪のトレード」などと批判された。

 イチローに次ぐ4番目に上がったのは、フアン・ゴンザレスのレンジャーズからタイガースへのトレード。1992、93年に2年連続で本塁打王に輝き、1996、98年にはシーズンMVPにも輝くなどスーパースターとしての地位を確立していたが、ポストシーズンで不調に終わった1999年に3対6の大型トレードで放出された。

 5番目は、スティーブン・ドリューの今季途中のレッドソックスからヤンキースへのトレード。強烈なライバル関係にある両チームの間でトレードが成立したのは1997年以来とあって、衝撃は大きかった。

 6番目も2012年オフに成立したばかりの大型トレード。マーリンズが遊撃手のホセ・レイエス、先発左腕のマーク・バーリー、快速右腕のジョシュ・ジョンソンら5選手をブルージェイズに放出し、若手7選手を獲得した。実に12人が絡むトレードで、マーリンズがレイエス、バーリーをわずか1年で放出したことも驚きを呼んだ。

 7番目は1997年にホワイトソックスが行ったトレード。地区首位のインディアンスとわずか3・5ゲーム差しか離れていなかったにも関わらず、チームは7月のトレード期限でウィルソン・アルバレス、ロベルト・ヘルナンデス、ダニー・ダーウィンと3人の主力投手をジャイアンツに放出。周囲からは“ホワイトフラッグ(白旗)トレード”と揶揄された。

 今後も語り継がれるであろうイチロー移籍の衝撃。結果として、イチローはヤンキースで悲願のワールドシリーズ出場を果たせず、不可解な起用法などにも苦しんだ。この2年半の経験を経て、来季はどのチームのユニホームに袖を通すのか。日本が誇る安打製造機の決断には、変わらぬ注目が集まっている。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • 「Full-Count」×「teams LEAGUE」
  • 「NO BASEBALL, NO LIFE.」 ×「Full-Count」