野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 過去にもあった戦力外からの復活劇 982日ぶり勝利の中日・八木に続く者は

過去にもあった戦力外からの復活劇 982日ぶり勝利の中日・八木に続く者は

中日の八木智哉投手が4日のナゴヤドームでの広島戦に先発し、7回4安打無失点、10奪三振、無四球の快投で、8年ぶりに日本球界に復帰した黒田博樹投手に投げ勝った。日本ハム時代の2012年7月26日・ソフトバンク戦以来、実に982日ぶりの白星となった。

中日

982日ぶりに白星を挙げた八木、これまでに戦力外から這い上がった選手は?

 中日の八木智哉投手が4日のナゴヤドームでの広島戦に先発し、7回4安打無失点、10奪三振、無四球の快投で、8年ぶりに日本球界に復帰した黒田博樹投手に投げ勝った。日本ハム時代の2012年7月26日・ソフトバンク戦以来、実に982日ぶりの白星となった。

 八木は日本ハム1年目の06年に12勝を挙げ、新人王に輝いた。しかし、その後は伸び悩み、13年にオリックスにトレードで移籍。2年間で1勝もできずに昨年10月に戦力外通告を受けた。そして、トライアウトを受けて中日に入団。一度、死んだ身の男は這い上がった。ここからが本当の勝負となるだろう。

 プロ野球選手は、当たり前に隣にあった野球を奪われると、絶望感に襲われるという。足元を見つめ、出直して八木は見事に復活勝利を飾った。

 これまでも戦力外から這い上がった選手はいた。時には“リストラの星“と呼ばれる選手もいた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中