野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • ニュース
  • 青木、1番起用に応える活躍 2安打デビューにジ軍名将「素晴らしい働き」

青木、1番起用に応える活躍 2安打デビューにジ軍名将「素晴らしい働き」

昨季のワールドシリーズ王者ジャイアンツに加入した青木宣親外野手が6日(日本時間7日)、敵地チェイス・フィールドで行われた開幕戦ダイヤモンドバックス戦に「1番・レフト」で先発し、5打数2安打1得点の活躍で5-4での勝利に貢献した。

青木が世界一球団でのデビュー戦で躍動、決勝ホーム踏む活躍

 昨季のワールドシリーズ王者ジャイアンツに加入した青木宣親外野手が6日(日本時間7日)、敵地チェイス・フィールドで行われた開幕戦ダイヤモンドバックス戦に「1番・レフト」で先発し、5打数2安打1得点の活躍で5-4での勝利に貢献した。新天地デビュー戦で自身メジャー初となる開幕戦マルチ安打の活躍。同点の5回には決勝点のホームを踏む活躍だった。

 青木は3回1死の第2打席で相手先発コルメンターからセンター前ヒット。ジャイアンツ初ヒットをマークすると、続く第3打席にも貴重な一打を放った。

 1-1の5回、先頭で打席に立ち、コルメンターから今度はライト前ヒット。パニクのレフト前ヒットで二塁に進むと、パガンの二塁打で勝ち越しのホームを生んだ。勢いづいたジャイアンツはこの回だけで4得点。8回に3点を返されたが、1点差で逃げ切った。

 この日は青木が5打数2安打1得点、パニクが5打数3安打2得点、パガンが4打数3安打2打点1得点と、1~3番が躍動。勝利の原動力となった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中